セラピスト紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
セラピスト写真

セラピールームmaccoの高橋まこです。


資格

■英国ロンドン Holistic Healing College
 インテグレイテッド・カウンセリング・ディプロマ・コース ディプロマ取得
■英国ロンドン Cocoro college spiritual anatomy Practitioner course
■Resistant Freedom Therapy Practitioner
■EFT-JAPAN公認インストラクター  
■インテグレイテッド心理学上級修了
■JMET認定EFTプラクティショナー
■マトリックス・リインプリンティングプラクティショナー
■シンギングリンプラクティショナー
■EFT-JAPAN公認EFTセラピスト
■EFT-JAPAN公認EFTヒプノティスト
■EFT-JAPAN公認レベル1.2 プラクティショナー
■スピリチュアルコーチング修了
■アートセラピスト講座修了
■アルクトゥルス・クォンタム・ヒーリングレベル2修了
■レイキ・ティーチャー(西洋式レイキ・クンダリーニレイキ)
■エステティシャン育成科修了
…その他多数資格取得


ごあいさつ

こんにちは。
セラピールームmaccoの高橋まこです。
毎日訪れてくださるクライアントさんと向き合い、心を込めてセラピーをさせて頂いています。

今の私の生きがいは、クライアントさん一人一人が
ありのまま、本当の自分を思い出し、笑顔に戻っていくのを見ることです。
それは、義務や仕事と言った感覚ではなく、自分のハート(魂)からくる
喜びなのだと日々実感しています。
そんな私のストーリーをここに書かせていただきます(*^_^*)

私のストーリー

   子どもの頃

両親、祖母、叔父、姉の中で次女として生を受けました。
2歳上の姉は、賢く、スポーツ万能、明るく元気。
おとなしく引っ込み思案の私とは対照的でした。
姉との比較や家族内の不協和等も影響し、
意識の底の深いところからくる根本的な自分に自信が持てませんでした。
幼い頃から感受性が強く、人の考えている事がわかったり、人や場、モノの氣(エネルギー)にも敏感でしたが、当時の私はそれが当たり前のことだと思い過ごしていました。
傷付きやすく、自己肯定感が低くて生きにくい…
そんな自分を少しでも変えようと、飛び込んだのがパソコン講師の世界。
自分にまったく自信のない私にとって初めての仕事は、不安や恐怖の連続でしたが、引き寄せの法則、自己啓発系セミナー、成功哲学の実践により、公立小・中学校の情報教育講師、ICT、システムHP作成等、自分のイメージが明確になればやりたい事ができる!という手ごたえを感じるようにもなりました。

セラピストへの道

仕事は楽しい!やりがいもある!でも、何かが違う・・・
表面の私は幸せなはず…でも、どこか生きずらい。
心の奥深くに感じる、虚無感、空洞感
ぴったりと蓋をして気が付かないふりをして生きてきたけれど、
私の人生は、本当にこれで良いの?
少しずつ心の奥底に訴えてくるものを感じ始めるようになりました。
その声は日に日に大きくなります。
『自分と深く向き合いたい!自分を癒したい。そしてそれを仕事にしたい!
機械(PC)を通して人と関わるのではなく、直接的な対話の中で
前向きに生きるお手伝いがしたい。』
自分の心の奥の声は無視できなくなっていきます。
以来、様々なセミナーに出席したり、何百冊の本、瞑想や催眠等様々なワークを通し、
深く自己探求をすることにより、今までの私がいかに自分を愛せていなかったかを知りました。
人は変われる。楽になる方法がある。。実感としてわかった時に決めました。
『心理セラピストを目指そう!』
ハートの声に目覚めた瞬間でした。

恩人との出会い

根っこの部分で自分を受け入れられない…そんな葛藤に答えを与えてくれたのが
EFTとEFTJapan代表ブレンダさんとの運命的な出会いから、マトリックス・リインプリンティング、RFT等癒しのツールを通し、癒しを深めていくことでした。
そして、師匠である溝口あゆかさんの教えの中で潜在意識の仕組みを知る事
二度の渡英、カウンセリング先進国、英国ロンドンでの学びは、大きな転機になりました。。



『潜在意識の仕組みを知らずに、自分が自分自身の潜在意識の深いところと向き合わず、自分の潜在意識の構造に気が付いていないカウンセラーは、自分の思いをクライアントさんに投影してしまいます。』
『カウンセラーは、まず自分が自分自身と深く向き合い、癒し、自分を知る』
「自分と深く向き合い、初めて人の深い部分に向き合う事が出来る」
ロンドンでの教えです!

その言葉を胸に自分の思いや感情がどこからきているのか…心の仕組みを学び、自分の思考パターンや思い癖が 自分の日常をどう見ているかを理解しました。
そして玉ねぎの皮を剥くように、自分自身を癒すことを何年も繰り返しました。
自分自身の潜在意識を見つめ癒してきた経験と感覚は、どんな知識にも変えられません!
自分が何度も通った道だから、安心してガイドをすることができるし、クライアントさんが目の前で、何が起こっても大丈夫と知っています。


【maccoのセラピーでは、クライアントさんの考えをジャッジしない。善悪で決めつけない。
セラピストの考えや価値観をクライアントさんに押し付けない事


なんの決めつけもない透明な目線、安心安全な場で、お客様の深いところから出てくるもの全てを受容された中で行う事を大切にしています。

それは、
【本当の癒しは、人に教えられることでも、表面的な会話の中から導かれるものでもなく、心の奥底から湧き出るような、深い気付きの中から生まれる。】

と、自分自身を癒す中で、実感したからです。
心を通さない多くの学びや頭だけの豊富な知識では得る事の出来ない、大きな強みであり、具体的で効果のある癒しへと直結していると確信しています!
私自身の癒しの道は、日々のセッションの中で深く生きていると自負しています。

医療との連携-メンタルクリニック併設サロンでの施術-

本当に悩んでいる人の助けになる事が出来たら。その思いで抱いた時に出会ったのが、心療内科医の太郎メンタルクリニックの山下太郎先生です。
2013年から、一昨年自宅サロンでのセッションが忙しくなり辞めるまで、心療内科併設サロンでセラピーさせて頂いていました。

深い傷や精神疾病を抱える多くのクライアントさんのセラピーを通し、時には、自分の無力さを感じ、新たに学びを深めていきました
サロン内でのセラピーは、私自身、大変多くの勉強をさせて頂きました。

心のセラピストとして被災地への支援へ

また、同じ頃、ハートレジリエンス協会被災地支援事業を通し、釜石、気仙沼、熊本などに年数回足を運び、心理セラピストとしてボランティアに参加させて頂きました。
被災地では、心傷ついた人たちを癒すボランティア活動をするつもりが、現地の人々の優しさ温かさ、前向きに頑張っている姿に触れ、逆に助けられながら、多くの経験をさせて頂きました。

多くの方の助け合いの中で形になった『心の支援プロジェクト』に参加させて頂き、たくさんの経験を積めたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

三人娘の母親です

また、私は、三人娘の母親です。
小さな子どもにとって親は命の源です。親の与える影響が子どもにとってどのくらい大きいか、子どもと親との繋がりの大切さを 知識や理屈ではなく、自分の娘達とのかかわりやお客様へのセッションの中で日々体感しています。
自分に自信もなく心も癒されていなかった私は、子どもにイライラをぶつける事も、夫とのけんかを子どもの前ですることもあり、決して皆様に自慢できるような子育てをしてきたわけではありません。
それでも今、こうして娘と親友と思えるくらい仲良くしていられるのは、やはり心を癒してきたからこそだと思います。

maccoから皆様へ

自分に自信が持てない。あと一歩が踏み出せない。
愛されていない。深いところから哀しさを感じる。等々・・・
同じパターンのトラブルやストレスに振り回されている等・・・生きづらさを感じている方
それから、もっともっと自分を出して、輝きたい!と思っている方も!
maccoで待っています。

『苦しみの原因は、状況ではなく、状況の受け止め方。
どんな状況にいても、その時の自分を愛せていれば幸せでいられる。』
この言葉を根底に置き、自己愛が高まるセラピーで
『ありのままの自分』
として幸せを取り戻すお手伝いをさせていただけることに幸せを感じる毎日です。